美白クリーム 塗り方

美白クリームの正しい塗り方を分かりやすく解説!

ホスピピュアVIO

↑ホスピピュアVIOの詳細はこちら↑

 

 

美白クリームは、スキンケアには欠かせないものですよね。

 

シミやそばかすの原因となる、メラニンの生成を抑える“トラネキサム酸”、“ビタミンC誘導体”などといった成分が含まれています。

 

美白クリームを使用することでメラニンの生成を抑えシミやそばかすの予防が期待できます。

 

そんな美白クリームですが、正しい使い方をご存じですか?

 

あまりよくわからず使っている…そんな方のために、これから分かりやすく説明していきます。

 

また、普段美白クリームは使っていないという方も、正しい知識を身につけて日々のスキンケアに取り入れてみてください。

 

美白クリームを塗る順番は?

 

クレンジング、化粧水、乳液や美容液など、私たちが普段スキンケアで使っているアイテムはたくさんあります。

 

「何から塗ったらいいの?」「この順番であっているの?」と疑問に思いますよね。

 

では順番を解説していきます。

 

普段のスキンケアを見直してみましょう。

 

@クレンジング

 

メイク、皮脂汚れを落とします。

 

オイルタイプ、リキッドタイプ、シートタイプなど様々な種類があります。

 

A洗顔

 

クレンジングの洗い残し、ほこりや角質の汚れを落とします。

 

B化粧水

 

肌に水分を与えます。

 

また、美容成分を浸透しやすくさせる効果もあります。

 

C美容液

 

肌に栄養を与えます。

 

乳液を使用する場合は使用しなくてもOK。

 

D乳液

 

化粧水によって補われた水分を保護します。

 

E美白クリーム

 

肌の水分と油分を整えて蓋をします。

 

メラニンの生成を抑え、シミ予防に効果があります。

 

乳液やクリームといった、油分の多いものから先に塗ってしまうと、肌に水分が浸透しにくくなってしまうので、気を付けましょう。

 

また、朝のスキンケア後に日焼け止めを塗る場合は、美白クリームを塗った後に塗ります。

 

正しい順番を知ることで、肌の状態が良くなりメイク乗りがばっちりに!

 

朝の時間短縮にもなります。

 

要注意!美白クリームの間違った塗り方

 

普段美白クリームをどのように塗っていますか?

 

間違った塗り方をしていると、効果が十分に発揮されません。

 

是非チェックしてみてください。

 

@化粧水や乳液に置き換えて塗らない!

 

美白クリームの中には、保湿成分が入っているものもありますが、化粧水や乳液できちんと保湿をしてからクリームを塗るようにしましょう。

 

そうすることで肌の内側にしっかりと水分、油分を与えることができます。

 

A気になる部分だけピンポイントで塗らない

 

シミやそばかすの気になる部分のみにクリームを塗っていると、塗っていない部分にシミやそばかすができてしまうことがあります。

 

B少量をすり込むようにして塗らない!

 

美白クリームをできるだけ長持ちさせたい。と、少量のクリームを使用していませんか?

 

塗る量が少ないと、塗りムラができてしまいます。

 

また、十分にクリームが伸びず肌をこすってしまい、摩擦が起きてしまいます。

 

そうすることで肌が傷つき、大事な角質が剥がれてしまいます。

 

肌に摩擦は禁物です!

 

C塗りすぎもNG!

 

反対に、美白クリームをたっぷり使用しすぎると、毛穴が詰まってしまいます。

 

すると、毛穴の黒ずみやニキビができやすくなるなどの肌トラブルも。

 

クリームを塗る際は表記されている目安量を確認しましょう。

 

また、朝起きた時両手で顔を触ってみてください。

 

しっとりとしていれば適量です。

 

手のひらにベタっと脂がつくようであれば、クリームを塗りすぎているというサインです。

 

反対にカサつくようであれば、もう少しクリームを増やしましょう。

 

美白クリームの効果を高める塗り方は?

 

効果を高める塗り方を3つ紹介します。

 

ぜひ実践してみてください。

 

@美白クリームを手で温めてから使用する。

 

クリームを手に取り、手を合わせて温めます。

 

温めることで伸びやすくなります。

 

Aハンドプレスをする。

 

手のひらで顔を覆い、10秒ほどキープします。

 

浸透力がアップします。

 

Bラップでパックをする。

 

クリームを塗った後、ラップで顔を覆い、5分〜10分後はがします。

 

ラップは、呼吸ができるように鼻の部分に穴をあけます。

 

ニキビや肌の炎症が起きているときは、肌が敏感な状態なので使用しないようにしましょう。

 

また、顔のむくみが気になる方はマッサージをしながら塗るといいでしょう。

 

むくみが取れ小顔になるだけでなく、目元がスッキリし、クマも薄くなります。

 

まとめ

 

「種類がありすぎて何を選んだらいいかわからない!」という方は、医薬部外品や薬用と表記されているものがおすすめです。

 

これらには厚生労働省により許可された、効能や効果に有効な成分が配合されています。

 

美白クリームをたくさん塗ったり、いくつかのクリームを併用したりなど、美容成分を多く取り入れても早く効果が出るわけではありません。

 

大事なのは、継続することです。

 

美白ケアには生活習慣も影響してきます。

 

睡眠不足の改善やバランスの良い食事を心がけること、適度に運動することによって血行が良くなります。

 

すると、肌へしっかりと酸素や栄養が行き届き、美白クリームの効果を高めます。

 

また、紫外線はシミやそばかすの原因となるメラニンを大量に生成するので、日頃から紫外線対策をすることも大切です。

 

効果はもちろんですが、価格や香りなど自分に合った美白クリームを見つけ、肌をケアして、美肌を目指しましょう!

 

↓ホスピピュアVIOの公式ページはこちら↓

ホスピピュアVIO

 

 

ホスピピュアVIO 口コミ

page top